VOCALOID
初音ミクとは?
初音ミク(はつね みく)は2007年8月31日にクリプトン・フューチャー・メディアから発売された音声合成・デスクトップミュージック (DTM) ソフトウェアの製品名、およびキャラクターとしての名称である。
概要
初音ミクは、クリプトン・フューチャー・メディアが開発販売している「歌声ソフトウェアシンセサイザー(ボーカル音源)」の1つである。ヤマハの『VOCALOID2』を採用した「キャラクター・ボーカル・シリーズ(CVシリーズ)」の第1弾として発売された。

音階と歌詞を入力することで、合成音声によるボーカルパートやバックコーラスをパソコン上で作成することができる。また、声に身体を与えることでより声にリアリティを増すという観点からバーチャルアイドルのキャラクターが設定されている。

【初音ミク】みくみくにしてあげる♪Trance.ver
発売直後より初音ミクで作成された楽曲やキャラクターイメージを用いた動画がニコニコ動画をはじめとする動画投稿サイトに次々と投稿されたことで人気に火がつき、DTMソフトウェアとしては異例のヒット商品となった。初音ミクを使用して数多くの楽曲が発表されており、その一部は音楽CDとして販売されている。またキャラクターとしての人気も高く、フィギュアをはじめとするキャラクター商品が多数発売されている。また、PSPのゲームソフトも発売されるようだ。

名前の由来は『VOCALOID2』シリーズの「初めての音」から「初音」、将来の音楽の可能性から「未来」(ミク)、ということで”初音ミク”となったそうだ。

プロフィール
公式プロフィールのページによるキャラクターの設定は以下の通り。

年齢:16歳
身長:158cm
体重:42kg
得意ジャンル:アイドルポップス / ダンス系ポップス
得意な曲のテンポ:70-150BPM
得意な音域:A3-E5

キャラクターデザイン
<Wikipediaより>
ヤマハのシンセサイザー・DX7キャラクターデザインはイラストレーターのKEIによるもので、髪は青緑色、髪型はくるぶしまで届く長さのツインテールで、黒のヘッドセットを装着している。衣装は襟付きノースリーブの上着にネクタイ、ミニスカートにローヒールのサイハイのブーツ、黒を基調として所々に青緑色の電光表示をあしらっている。
左上腕部には赤色で「01」とキャラクター名をデザインしたタトゥーが入れられており、数字についてはキャラクター・ボーカル・シリーズで最初に発売された製品であることを表す。

初音ミクのデザインは、ヤマハのシンセサイザー・DX7(右図)をモチーフとしており、これは1983年に発売されデジタルシンセサイザーの普及に貢献したヒット商品であるDX7にちなみ、初音ミクも一時代を築いて欲しいとの願いを込めて、ヤマハの担当者を説得した上でデザインに取り入れたものであるという。


たしかに黒と青緑の色がありますね。あの色の組み合わせはこれを元にしていたんですね。なかなか良い色使いだなあと思っていました。また、腕やスカートの電光表示もこのデジタル表示部分を反映してるんですね。納得。こうやって、誕生の経緯を知るとますます興味が湧いてきます。

・・・より詳しく

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

VOCALOID (2009.2現在)
鏡音リン・レンVOCALOIDについて少し補足。自分もそうだが、初音ミクを知って初めてVOCALOIDというものを知った。
調べてみると、どうやら初代VOCALOIDとして2004年に登場してるようだ。ソフトとしては全部で5つ(2009.2現在)。KAITO、MEIKO、MIRIAM、LOLA、LEONというのがある。初音ミクが出る前にこんなにあるのに、なぜあまり知られていないのだろうか?

ちょっと不思議な感じがしたが、実際、キャラクターや動画でアップされてるのを聞いてみると、なるほどと思う。値段も初音ミクより高いし、MIRIAM、LOLA、LEONに至っては英語歌詞しか使えないそうだ。また、KAITOは男性ボーカルであまり人気がない。MEIKOはちょっと大人っぽいことから萌えキャラの対象にはならない。

つまり、初音ミクが爆発的に売れたのは、設定が美少女という、DTMとはほど遠い萌えキャラ支持層が好むキャラ設定だったからだろう。加えて、子供っぽい声が萌えを加速させたと思う。実際、自分のような、ファンではないけど、あのキャラと声にはまった者もいる。たしかに見た目も声も可愛い。とにかく癒されるのだ。多くの人がミクにいろいろな歌を歌わせている。それらを見てると単なるバーチャル人形に命が吹き込まれたような感覚さえ覚える。特に3DPVなんか見てると映像と声がシンクロして生きてるような気さえしてくるから不思議だ。

いずれにしても、初音ミク発売から1年半経った今でも自分のように魅せられた者がいる。これからもまだ出てくるだろう。ただ、ミクのあとに発売されたVOCALOID(鏡音リン・レン)はミクほど売れてないらしい。なんでもそうだが、ベストセラーの2番手というものはインパクトも半減してしまうものだ。新鮮さが薄れてしまうのかも。

巡音ルカしかしながら、1月30日に発売された、日本語と英語の両方可能というバイリンガルVOCALOID「巡音ルカ」はかなり期待されてるようだ。なぜなら、本日(2月2日)”巡音ルカ”でYouTubeを検索したら768件ヒットしたからだ。たった3日ほどでこの数字。おそらくYouTube以外の動画サイトでもかなりの数UPされてるだろう。大人の女性ボーカルで今後が楽しみだ。

一方、他のVOCALOIDはというと、初音ミクといっしょにデュエットや合唱で曲作りする人が増えてきたらしく、発売当初売れなかったKAITOMEIKOも含めて、鏡音リン・レンも購入する人が出てきたらしい。動画サイトでもこれらの名前をよく目にする。

at 2009.2.2

詳細は以下を参照。
"パソコンが歌う"を実現するソフトウェア:VOCALOID

【各VOCALOID動画見本】 左の名前をクリックすると別小窓で再生されます
KAITO・・・・・Kaito - Crescent Moon (上弦の月)
MEIKO・・・・・【MEIKO】Various Feelings【3DPV】
巡音ルカ・・・・・【巡音ルカ】「Brain Revolution Girl」 脳内革命ガール PV
鏡音レン・・・・・【オリジナル曲】壊れた時計 feat.鏡音レン(STEREO)
鏡音リン・・・・・【鏡音リン】炉心融解【オリジナル】 / Rin Kagamine - Meltdown

【初音ミクをプロデュースする新進クリエイターたち】
まるで人のように歌うパソコンソフト「初音ミク」が、現実の音楽業界に進出し始めた。 ソニーが4日発売したアルバムは、いきなりオリコン週間チャートで4位に。ビクターが昨夏出したCD「リ・パッケージ」も10万枚近いヒットを記録した。
2009.3.21 アサヒ・コム

 【Hatsune Miku】世界に広がる仮想歌姫「初音ミク」新進クリエーターに迫る

初音ミク名曲集HOME Copyright Hatune Miku Original-kyoku 2010. All Rights Reserved