VOCALOID

神ツール『MikuMikuDance』について
3DCG初音ミク アニメ化無料ソフト

初音ミクの動画を見ていると、右のような3DCGのミクが踊ってる動画をよく見るが、調べてみると、どうやら無料の3DCGアニメ化ソフト『MikuMikuDance』というものだった。

初心者でも、それほど苦労せずにミクの3DCGモデルをアニメ化できるというすぐれものだ。2008年2月24日に公開されてから3月11日までにダウンロードページビューが11万を超えるという大人気ソフトだ。以降、このツールは「神ツール」と呼ばれ、ニコニコ動画にはこの【MMD】を利用した動画が次々とアップされていった。

【初音ミク】 星間飛行 【Blender x MMD】HD
たしかに、動画サイトである以上、静止画よりも曲を聴きながら目で楽しめるという付加価値がある。しかも、できが秀逸。十分楽しめるものだ。これが無料で配布されているのだから恐れ入る。
開発者は樋口優さん(ハンドルネーム)という方で、「開発元ソフトや素材も無料なのでこれも無料です」といって、有償にするつもりはないという。

簡単な操作画面
MikuMikuDance初期画面ソフトの操作は、ほとんどマウスで行えるよう操作性を重視。3DCGモデル(あにまさん作)を見ながらいろいろなポーズを指定できる。
例えば左腕を動かす場合、『左腕の「ボーン」(パーツ)を指定→マウスで腕を動かす→思い描いた位置に腕を配置→その状態で保存する』といった調子で1フレームずつ作成し、つなげてアニメにしていく。
この他、上から下から、側面など全方向からの見た目の切替えも可能。

MikuMikuDanceフェイス画面さらに、リップシンク(口パク)も可能で、ミクの歌を保存したVSQファイル(初音ミクなど「VOCALOID」専用MIDIファイル)を流し込めば、歌詞通りに自動で唇を動かせる。まばたきさせる機能や、目や眉の角度を変えて表情を変える機能、ミクの動きに追随して自動で影を付けられる機能もある。
また、任意のAVIファイルを背景に表示しながら動画作成が可能。モデルとなるダンス動画を背景に表示しながら、ミクモデルに同じ動きをさせるといった”技”も可能だ。


MMD杯
公開されてから数年経つが、相変わらず大人気ソフトらしく、毎年ニコニコ動画でこの【MMD】を使った動画コンテスト「MMD杯 MikuMikuDanceCup」が開催されている。さすがに回を重ねるごとに、かなりハイレベルな作品がでてきており、3DCGモデルもミク以外のボーカロイド(鏡音リン・レン、巡音ルカ、MEIKO、KAITO)や、派生キャラ(亜北ネル、弱音ハク)も登場している。とにかくにぎやかだ。

このMikuMikuDanceというソフトが残した功績は偉大だと思う。今まで単に”聴く”だけだった音楽を”聴いて”&”観て”楽しむものに変えてくれたからだ。ほんとうに素晴らしいソフトだと思う。ソフトのダウンロードは、作者の以下のサイトから可能です。

【Vocaloid Promotion Video Project】

初音ミク名曲集top Copyright Hatune Miku Original-kyoku 2010. All Rights Reserved